プリン体の過剰摂取が招く痛風の症状|食事療法で痛みから解放

ウーマン

プリン体が引き起こす病気

和食

痛風は、風が吹いただけでも痛いと例えられることに由来しています。痛風は、尿酸が体内に溜まり、それが結晶化して激しい関節痛を引き起こす病気です。痛みが発生しやすい場所は、足の親指の付け根やくるぶし、肩、かかと、手首、ひじなどです。痛風を引き起こすのは、プリン体です。体内に摂取された食べ物は、肝臓で代謝され、最終的に尿酸となります。尿酸が一定量であれば、汗や尿、便として排泄されますので、身体に悪影響を及ぼすことはありません。しかし、食べ過ぎ、飲み過ぎなどの暴飲暴食、過剰のアルコールの摂取などで急激に血中尿酸濃度が上昇すると、尿酸の結晶化が起こります。そこで、日常の食事において、プリン体の摂取を少なくすることが重要です。加えて、食事に、海藻や野菜、果物などのアルカリ性の食品を取り入れ、水分を多く摂ることで中和を促進します。プリン体は、アン肝、レバー、干物、カツオなど、肝臓系の食品に大量に含まれています。お酒好きが好みそうな食事に含まれています。また最近、煮干しラーメンがあっさりしたラーメンとして人気があります。しかし、出汁を取るための大量の煮干しにはプリン体が多く含まれています。そのため、食べ過ぎないように毎日の食生活には気を配りましょう。食事において、痛風の原因となるプリン体を必要以上に摂取しないことが重要です。アルコールは控え目にして、バランスの良い食事を摂ることを心がけ、適度な運動をすることが、痛風予防のポイントです。

便秘改善や免疫アップ

ウーマン

腸内にある菌として乳酸菌があります。善玉菌の一つで、腸内の環境をよくする役割を担っています。少ない状態だと、便秘などの直接的な不調の原因になり、免疫力の低下、アレルギーなどの症状としても出ます。ヨーグルトやサプリなどで補うと良いでしょう。

美容と健康効果が高い

サプリメント

ラクトフェリンは母乳に含まれている成分で、美容健康効果が高いです。NK細胞を活性化して、免疫力がアップするので風邪やインフルエンザに強くなります。善玉菌を増やして腸内環境をよくするので、口コミでも人気が上場しています。

嬉しい効果がいっぱいです

錠剤

スーパーフードとして人気を集めているスピルリナは、毎日摂取することで嬉しい効果が期待できると言われています。摂取し過ぎは禁物ですが、毎日の健康管理の一環として始めてみてはいかがでしょうか。購入は、比較検討しやすく便利な通販がオススメです。