プリン体の過剰摂取が招く痛風の症状|食事療法で痛みから解放

男女
  1. ホーム
  2. 便秘改善や免疫アップ

便秘改善や免疫アップ

ウーマン

腸内環境をよくする

食べたものの栄養分は、食べてすぐ体中に行きわたるわけではありません。まず胃で消化され、その後に腸に運ばれます。腸で吸収されるものと不要なものに分けられ、不要とされれば大腸に行きます。腸にはいろいろな菌があるとされ、その一つに乳酸菌があります。腸の中にある菌は善玉菌と悪玉菌、その中間的な菌があります。善玉菌が少し多いぐらいが良い環境とされ、できればその状態を維持する必要があります。便秘などの異常を感じた時には、腸内の環境があまりよくない可能性があります。その時には乳酸菌を直接摂取しましょう。一般的な食品としてはヨーグルトなどの発酵食品の中に含まれます。それ以外にはサプリメントもあり、腸まで生きて届くものもあります。腸内があまり良くない状態だと、便秘や下痢などの異常な状態になります。ただ、それ以外にもいろいろな影響があり、免疫力の低下を引き起こすことがあります。乳酸菌を摂取して腸内環境が良くなれば、免疫力の改善が可能になります。免疫力は、いろいろな病気に関わるので、低下するのはあまり好ましくありません。腸内を健康に保つためにも、乳酸菌をしっかりとる必要がります。春などに良く出る症状として花粉症があります。アレルギーが原因で、体の中で異常に反応することから起こるとされています。腸内環境を改善することで、花粉症の症状を抑えられる場合があります。最近はヨーグルトが花粉対策の食べ物として人気があり、より花粉症への効果があるものも販売されています。